アトピーっ子情報館

アトピーっ子を持つ現役育児中のママです。アトピー性皮膚炎のスキンケアや生活習慣などのアトピー対策、アトピーっ子に優しい衣類・寝具・洗剤やシャンプーなどの生活用品の紹介などお役立ち情報を発信します♪

メインカラムフリースペース

ここはメインカラムフリースペースです

記事一覧

アトピーっ子の寝具
アトピーっ子情報館のSaikoママです。 アトピーっ子をお持ちのママは経験していると思いますが、寝入るときや、時には寝ているときも顔をシーツにこすり付けたりします。 乳児のアトピー湿疹は顔に出やすいのが特徴です。 かゆみを伴うので、抱っこしたときなどママ

記事を読む

アトピーっ子の寝具
アトピーっ子情報館のSaikoママです アトピーっ子はアレルゲンによって湿疹が悪化することがあります。 実家などにお泊りに行った晩に湿疹がひどくなった―なんて経験を持つママもいるようです。これは、布団にあったダニの死骸が原因となっていることが多いです。

記事を読む

アトピー肌のスキンケア(石けん)
アトピーっ子情報館のSaikoです。 アトピーの人の肌はとっても敏感です。乳幼児にいたってはさらに敏感!身体を洗う石けんには十分注意をしたいですね。 アトピー肌にやさしい低刺激の石けんを見つけました。 合成界面活性剤・香料・保存料・発泡剤無添加敏感な赤ち

記事を読む

母乳育児―授乳トラブルの手当て法

アトピーっ子の母乳育児
アトピーっ子情報館のSaikoママです。 母乳育児でトラブルを抱えているママは案外多いと思います。 私も現在桶谷式の母乳育児相談室に定期的に通って相談に乗ってもらったり、乳房マッサージを受けています。  乳腺が詰まったり、母乳トラブルを起こしたとき相談できる

記事を読む

母乳育児―授乳のコツ

アトピーっ子の母乳育児
アトピーっ子情報館のSaikoママです。 母乳育児実践中ですが、※こちらも是非よんでくださいね。私の母乳育児について出産して実際におっぱいを飲ませるまで母乳は自然に出て、赤ちゃんも乳首をくわえればごくんごくんと上手に吸ってくれるもんだと思っていました。 と

記事を読む

アトピーっ子のためのオーガニックコットンの寝具

アトピーっ子情報館のSaikoママです。

アトピーっ子をお持ちのママは経験していると思いますが、
寝入るときや、時には寝ているときも
顔をシーツにこすり付けたりします。

乳児のアトピー湿疹は顔に出やすいのが特徴です。

かゆみを伴うので、抱っこしたときなど
ママの衣服でゴシゴシこすったりしますよね。

娘は寝返りを打てるようになったころから
うつ伏せで眠りにつくことが多くなりました。
ほんとは良くないらしいですけど、
その方が手で顔を掻けないのでちょっと安心なんです(本音)。

でも、やっぱりかゆいのでしょう。

なんどもなんどもシーツに顔をこすり付けます。
ワッフル地のシーツでは悲惨なことになりました(涙)。

まだそれほど自分で動けないときは
オーガニックコットンの生地を買ってきて
娘の寝ているところだけ敷いていました。
これなら経済的だし、すぐ洗い替えができます。

一歳になった今はもう無理ですけど。
オーガニックコットンの寝具が必要になってきました。

★オーガニックコットンのシーツ(シングル)★
★オーガニックコットンのシーツ(セミダブル)★
★オーガニックコットンのシーツ(ダブル)★

 関連記事
 タグ

アトピーっ子に安心の高密度生地使用寝具

アトピーっ子情報館のSaikoママです

アトピーっ子はアレルゲンによって
湿疹が悪化することがあります。

実家などにお泊りに行った晩に湿疹がひどくなった―
なんて経験を持つママもいるようです。
これは、布団にあったダニの死骸が原因となっていることが多いです。

お客様用の布団ってたいてい押入れにしまってありますよね。
そこでダニが繁殖して死骸が残っていたりするんです。

アトピーっ子をお持ちのママは、ご自宅では
赤ちゃんの寝る布団には気を使っていることと思います。

天気の良い日には干したり、
こまめに掃除機をかけたり。。。

高密度生地使用のお布団はおすすめです。
おまけに手洗いできます!
ダクロンふとんセット・ジュニア【アメディアお悩み解決ショップ】 

シングルもあります。
ダクロンふとんセット・シングル
 

 関連記事
 タグ

アトピー肌に―低刺激石けん1

アトピーっ子情報館のSaikoです。

アトピーの人の肌はとっても敏感です。
乳幼児にいたってはさらに敏感!
身体を洗う石けんには十分注意をしたいですね。

アトピー肌にやさしい低刺激の石けんを見つけました。

合成界面活性剤・香料・保存料・発泡剤無添加
敏感な赤ちゃんのお肌のために[馬油石鹸105g]
食べられる石鹸をコンセプトに
石鹸を作るときに一釜ずつ試食しているといいます。
職人魂ですね。。。

他にもカテキンを配合した(無農薬緑茶だそうです)石鹸や
はちみつ、竹炭入りなど種類も豊富です。

こちらのショップさんです↓
ネオナチュラル


敏感肌のママにもおすすめです。
ショップに問い合わせたところ、一番しっとりするのは
ハニーフェイシャルソープ桜
次に
さくら蜜石鹸
ということでした。

☆身体を洗うときの注意点☆
いくら低刺激石鹸といってもお肌に合わない場合がありますので
アトピーっ子や敏感肌の人はまず腕の裏などでテストをしてから
使用することをおすすめします。


また、身体を洗うときは短時間ですばやく!がコツです。
石鹸を泡立てネットで十分に泡立てて、
やさしく手でなでるように洗うのは基本ですが
アトピー湿疹の症状のひどいときは一部分を洗ったら
すぐ石鹸分を洗い流しましょう。
お肌に石鹸が乗っている時間を短くすることが大切です。
石鹸分が残らないようにすすぎは十分にね。

 関連記事
 タグ

母乳育児―授乳トラブルの手当て法

アトピーっ子情報館のSaikoママです。


母乳
育児でトラブルを抱えているママは案外多いと思います。

私も現在桶谷式の母乳育児相談室に定期的に通って相談に乗ってもらったり、
乳房マッサージを受けています。

fe6cf274435627989d4a690b7afcf96d_s
 


乳腺が詰まったり、母乳トラブルを起こしたとき相談できる助産院などが近くにあればいいのですが
とりあえずの対処法をご紹介しますね。


桶谷式母乳育児相談室で聞いた母乳トラブルのときの手当て方法。


【ジャガイモ湿布】
昔から里芋パスター(湿布)はよく聞きますね。
里芋のほうが効き目が強そうですがすすめられたのはじゃがいもです。
1年中手に入るからかもしれませんね。
(里芋湿布用に里芋粉を自然食品店などで売っていますけど)
●【オーサワ】 里芋粉


おっぱいのケアに ジャガイモ湿布

---作り方---
(1)ジャガイモの皮を剥いてすりおろす。
   (ジャガイモの水を少し捨てる)
(2)(1)に酢を2〜3滴混ぜる
(3)耳たぶほどの固さになるまで小麦粉を混ぜる
(4)ペーパータオル等にはさみ(2〜3mmの厚さ)
   痛みのある箇所に貼る。乾燥したら取り替える。


急場しのぎに青菜をペタッと貼っておくのも気持ちいいです。
パンパンに張ってしまったときキャベツを貼りました。
小松菜でも良いです。
しんなりしてきたら取り替えます。

これ、赤ちゃんが熱を出したときも使えます。
娘が38度の熱を出したとき実践しました。

小松菜の葉(茎の部分は捨てる)2枚を重ねて
後頭部に敷いて寝かせるだけです。

アトピーっ子にもやさしい民間療法ですね。

参考文献
 

自然派ママの食事と出産・育児

アトピー子育て 自然派ママの食事と出産・育児



【牛蒡子(ゴボウシ)】
煎じて飲みます。これは民間療法ではなく漢方だそうです。
(漢方では、開胸痛乳(気の流れを良くし、母乳の分泌を良くする作用)
がある生薬として使用されています)
1日5gを目安に15分〜20分煮出して飲みます。
漢方薬局の人は煮出したらすぐに茶こしでこして飲まないと
成分が戻ってしまうといっていました。
味は・・・苦いです。
漢方薬局でグラムで売ってます。


そのほかタンポポコーヒーも1日1杯飲んでます。
ノンカフェインだから授乳中のママもOKというだけではなく、
たんぽぽにも乳の通りを良くする成分があるそうです。

玄米などをブレンドした商品もありますがたんぽぽの根100%のサンラピスたんぽぽコーヒー(ティーバッグ)が好きです。



 ☆私の母乳育児について もぜひ読んでください☆


2006年12月 

 関連記事
 タグ

母乳育児―授乳のコツ

アトピーっ子情報館のSaikoママです。

母乳育児実践中ですが、
※こちらも是非よんでくださいね。私の母乳育児について
出産して実際におっぱいを飲ませるまで母乳は自然に出て、赤ちゃんも乳首をくわえれば
ごくんごくんと上手に吸ってくれるもんだと思っていました。


ところが、
まあ〜、痛いわ痛いわ!


陣痛促進剤を使っての出産のせいもあって産後なかなか母乳が出ませんでした。
当の娘もお世辞にも上手とは言えず、最初はそりゃあ苦労しました。


看護師さんになんども手伝ってもらってやっとまともに吸えるようになりました。

それまで乳首は赤剥けて血がにじむほどでした(涙)

ed64e541cd51d4225bc1edfe140e33f8_s
 


そんな苦労もあってちょっとは知識が増えましたよー。
授乳のコツです。


深くくわえさせる。
これ、基本です。
出産した病院で初めて赤ちゃんがおっぱいを吸う写真を見せられたとき、
すっごい大口開けて吸い付いていて驚きました。
どうしても赤ちゃんが浅くくわえてしまうときは赤ちゃんが泣いて大口をあけた瞬間
バクッとくわえさせる。その感じです。


口の形はドナルドダック
上唇、下唇ともにべろんとめくれているのがGOOD。
娘は上唇がダメです。
吸っているときにがんばって指でなおすようにしています。
月齢のいった赤ちゃんは飲み方にいろいろ癖が付いてしまってなおすのに時間がかかるけれど
がんばって母乳だけで育てようとしているのであればしっかりなおした方が良いと思います。
私はそれで失敗しましたから〜(涙)

浅く吸うので前歯が乳首の付け根に当たって切れてしまいました!
ザックリです!
ものすごく痛い!!


なおすコツは、昼間は遊び飲みのこともあるのでうまくいかないことが多いです。
その場合、夜中の授乳時の半分寝ながらおっぱいにくいついているときになおすとうまくいきます。


いろいろな角度から飲ませる
できるのなら360度が理想なのでしょうけど(ムリだって!)
最低でも一度の授乳で横抱きとフットボール抱きを1往復ずつ。
そこで登場授乳クッション。
これ、必需品だと思います。
私は大小大きさの違うクッションも駆使してます。


かた乳5〜10分程度
厳密に時計とにらめっこする必要はないです。
これはあくまで目安。
赤ちゃんがおっぱいをくわえてチュクチュクしだしてしばらくすると乳が沸いてきます。
これは最初分かりづらいと思いますが、注意深く意識していればなんとなくわかるようになります。

湧き出してくると赤ちゃんの飲み方も変わってきます。
そうなったらゴックンゴックンを20〜30回で逆のおっぱいを飲ませます

乳が沸いてくるのは左右同時なのでこの時点でくわえさせると
赤ちゃんもすぐにゴクゴク飲めるのです。
ゴクゴク美味しそうに飲んでいるのにムリに引き離すのは気が引けると思うかもしれませんが
当の赤ちゃんはけっこう平気です。


前搾り、後搾り
読んで字のごとく、飲ませる前と飲んだ後に乳を搾っておきます
前絞りをすると乳首も柔らかくなってくわえやすいし、
あらかじめ絞っておくことによって赤ちゃんも少ない力ですぐに乳を吸うことができます。

それに、母乳に含まれるダイオキシンは出はじめの乳に多く含まれているといいます。

後搾りはおっぱいに飲み残しの乳があるとトラブルの元になるからです。

特に右→左→右と飲ませて満足してしまったときなどは
左のおっぱいはしっかり絞っておきましょう。

ただ、絞りすぎても良くないらしいです。
(むずかしいですね・・・^^;)

おっぱいを空っぽにしましょう、
なんて書いてある本がありましたが無茶です・・・。
絞り方は片方の手で乳房をちょっと持ち上げて反対の手の親指と人差し指の2本で
上下左右8回くらいずつ優しく絞ります。
まだいきおいよくピューピュー出ているうちはきちんと絞るようにしますが、
くれぐれも搾り過ぎないように。


前と後、両方とも絞らなくちゃダメなんですか?
という質問に対して(私じゃないですよー)
助産師さんは困った顔を見せながらも

どうしてもどちらかだけというのだったら前搾りを優先させてくださいね

とのことです。


それから、搾乳器は使わないほうが良いそうです。
乳腺を傷めてしまいます。
私はなんどか使ってしまいましたが、それも後の乳腺トラブルの元だったかもしれません。

1年経った今もおっぱいトラブルで苦労してます。。。



 関連記事
 タグ

応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
サイト案内
★サイトのご案内★





★管理者プロフィール★
2005年12月生まれの娘の母です。
生後2ヶ月からかゆみを伴う湿疹が!アトピーとの闘いの日々が始まりました(涙)
現在もかゆかゆ〜っ!のアトピーっ子です。
アトピーっ子を持つママを心から応援します♪
お役に立てたでしょうか★

あなたの応援が
とっても励みになります♪

人気blogランキングへ
Copyright © アトピーっ子情報館 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ