アトピーっ子情報館

アトピーっ子を持つ現役育児中のママです。アトピー性皮膚炎のスキンケアや生活習慣などのアトピー対策、アトピーっ子に優しい衣類・寝具・洗剤やシャンプーなどの生活用品の紹介などお役立ち情報を発信します♪

メインカラムフリースペース

ここはメインカラムフリースペースです

記事一覧

アトピー肌のスキンケア(保湿剤)
アトピーっ子だけでなく、パパやママもお肌が乾燥する季節になってきました。 皮膚のバリアが薄い赤ちゃんはただでさえカサカサになりがちです。 (娘は腕や足首の周りが特にカサカサしてきました。) しっかり保湿で低刺激の保湿剤は手放せませんね。 特にアトピーっ子

記事を読む

アトピー肌のスキンケア(石けん)
アトピーっ子はとにかくお肌が敏感です。大人でもアトピーや超敏感肌の方は、石けんやボディーソープがしみて使えないことがあります。 そうなると、お湯だけで軽く洗うしかなくなりますが、今度は汚れが落ちずに、それがアレルゲンとなって肌に刺激を与えるというというジ

記事を読む

アトピー以外の湿疹
発疹とともに熱が出たときに疑うべき病気 突発性湿疹―乳児が母親の免疫が切れる生後6ヶ月ごろ、はじめて発熱した時に疑われる病気です。突然39〜40℃の高熱が3〜4日続き、いきなり下がると同時にお腹や背中から赤く細かい発疹が現れます。 麻疹(はしか)―麻疹ウイルス

記事を読む

アトピー以外の湿疹
アトピー性皮膚炎以外にも、肌の弱い赤ちゃんに起こりやすい皮膚炎は色々あります。その中から代表的なものを紹介します。 汗疹(かんしん)―あせも汗腺が汚れや皮脂で詰まって汗が出ることができなくなり炎症を起こして発症します。初めは白っぽくかゆみもありませんが、

記事を読む

アトピー以外の湿疹
アトピー性皮膚炎以外で皮膚が痒くなる病気。 日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診断基準」では、除外すべき疾患は以下の8つです。 接触性皮膚炎脂漏性皮膚炎単純性痒疹疥癬(かいせん)汗疹(かんしん)皮脂欠乏性湿疹手湿疹魚鱗癬(ぎょりんせん) 接触性皮膚炎―か

記事を読む

乾燥肌にエバメールゲルクリーム

アトピーっ子だけでなく、パパやママもお肌が
乾燥する季節になってきました。

皮膚のバリアが薄い赤ちゃんは
ただでさえカサカサになりがちです。

(娘は腕や足首の周りが特にカサカサしてきました。)

しっかり保湿で低刺激の保湿剤は手放せませんね。

特にアトピーっ子には肌にやさしく、
安全な商品を見つけたいものです。


いつもお世話になっている健康食品店の店長に
すすめられて我が家でも愛用しています。

エバメール ゲルクリーム アトピー肌 エバメール

はじめ塗ったときはプルプルで
保湿力が物足りないかと思いましたが、
あら不思議!
すーっと肌になじんだ後はしっとりしていました。

乾燥がひどいときは厚めに塗ったあと
しばらくそのまま吸収するまで待つそうです。

肌の状態がよくなってくると
だんだん必要な量が少なくなってきます。

ゲルクリームでパックもオススメです。

一歳になったばかりの娘にも使ってみましたが
とくに問題はありませんでした。

でも、赤ちゃん、アトピーっ子にご使用の際は
まずパッチテストをしてからにしましょうね。

エバメール ゲルクリーム アトピー肌 エバメール
 関連記事
 タグ

アトピーっ子に優しい石けん

アトピーっ子はとにかくお肌が敏感です。
大人でもアトピーや超敏感肌の方は、
石けんやボディーソープがしみて使えないことがあります。

そうなると、お湯だけで軽く洗うしかなくなりますが、
今度は汚れが落ちずに、それがアレルゲンとなって
肌に刺激を与えるというというジレンマに陥ってしまいます。

汚れを落とし、低刺激の石けん

アトピーっ子には必須条件ですね。。。

では、アトピー、超敏感肌用石けんの要件とは

○アルカリ度を低くする
○刺激の高い脂肪酸を除く
○エタノールを使わない
さらに
○抗炎症、抗アレルギー成分を含む

これらの要件を満たして製造された石けんはこちら↓
【やさしい泡で超敏感肌をしっとり洗う】ティモティア バリアバランス マイルドソープ


石けんを使うときは泡立てネットを使うことをオススメします。
フワフワのホイップ状になった泡で
やさしく包むように洗いましょう。
ゴシゴシこする必要はありません。

 関連記事
 タグ

発疹とともに熱が出たとき

発疹とともに熱が出たときに疑うべき病気

突発性湿疹―乳児が母親の免疫が切れる生後6ヶ月ごろ、
はじめて発熱した時に疑われる病気です。
突然39〜40℃の高熱が3〜4日続き、
いきなり下がると同時にお腹や背中から赤く細かい発疹が現れます。

麻疹(はしか)―麻疹ウイルスの感染により起こります。
38〜9度の熱が出て、せきや鼻水もみられます。
1度熱が下がり、再び急上昇する頃に発疹が現れて全身に広がります。

水疱瘡―水痘(すいとう)帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスの感染により起こります。
最初は虫刺されのような小さな発疹ができますが、
一晩のうちに痒みを伴う水疱になり、3〜4日かけて全身に広がります。
熱は出ても38℃程度か出ないこともあります。

風疹―風疹ウイルスが原因で起こります。
三日ばしかとも呼ばれるように、軽いはしかのような症状が見られます。
ピンク色の細かい発疹が顔から全身に広がり、
微熱〜高熱が出ることもあります。
1〜3日程度で治ります。

手足口病―手のひら、足の裏およびほおの内側に3〜7ミリの水疱(すいほう)や丘疹ができる
夏かぜの一種です。原因ウイルスが数種類あるので、何度もかかることがあります。
乳児はとくにおしり、ひざ、ひじに発疹がよくみられます。発疹はかゆみを伴うこともあります。
熱は出ないこともあります。

川崎病―39℃前後の高熱が5日以上続き、白目の充血や全身にさまざまな形、
大きさの発疹が現れます。
全身の血管が炎症を起こして心臓の冠状動脈にコブができることがあるのが特徴です。
原因不明の病気です。

アトピーっ子にしない母乳育児BOOKアトピーっ子にしない母乳育児

たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブたまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブ

 関連記事
 タグ

アトピー以外の赤ちゃんの肌トラブル

アトピー性皮膚炎以外にも、肌の弱い赤ちゃんに
起こりやすい皮膚炎は色々あります。
その中から代表的なものを紹介します。

汗疹(かんしん)―あせも
汗腺が汚れや皮脂で詰まって汗が出ることができなくなり
炎症を起こして発症します。
初めは白っぽくかゆみもありませんが、
やがて赤くなり、かゆみが起こります。
黄色ブドウ球菌が感染して「あせものより」という
悪化した状態になることもあるので注意が必要です。

予防法―汗をかいたらすぐにぬるま湯で絞ったタオルで拭きましょう。
また、寒いからといって着せすぎにも注意!
大人と同じか、1枚少ないくらいでちょうどいいそうです。
また、肌着は汗をよく吸うのでコットン100%がベストです。


接触性皮膚炎―かぶれ
接触性皮膚炎には2種類があります。
刺激が強いものに触れたときに誰でも起こるものと、
特定の物質にアレルギー反応を起こす人だけに起こる場合です。
どちらも原因物質に触れた部分だけに症状が出ます。
赤ちゃんに多いのは、よだれや食べこぼし、果汁、汗、
おしっこなどの刺激によるものです。
その他植物や毛虫などの昆虫、衣類や金属・
スキンケア用品が原因になることもあります。

おむつかぶれ
おむつを当てている部分が炎症を起こし、真っ赤になったり
赤いブツブツができます。
汗やおしっこでふやけた皮膚への刺激が原因です。
おむつ交換はこまめにしましょう。

皮膚カンジダ症
カンジダ菌の感染で炎症が起きる病気です。
おしりやおまたに小さな赤い発疹ができ、赤くただれます。
おむつかぶれとの違いは、カンジダの場合は
おむつに触れていない部分にも炎症が起きることです。
炎症が起きている部分と健康な皮膚との境目が
はっきりしているのも特徴です。

とびひ
虫刺されや湿疹などを掻き壊したところに
主に黄色ブドウ球菌が感染して起こります。
強い痒みのある水泡ができ、掻き壊して浸出液が他の皮膚につくと
そこに水泡ができ、次々と広がります。

水いぼ
伝染性難属腫ウイルスの感染で、直径1〜2ミリの小さないぼができます。
痒みを伴ったり炎症を起こすこともあります。
いぼの中には芯があり、つぶれると他の部分につきいぼが増えていきます。

カポジ水痘様発疹症
掻き壊しなどによって単純ヘルペスウイルスの感染が合併して起こります。
痒みと傷みのある小さな水泡やのう胞が広がります。
アトピー性皮膚炎で皮膚のバリア機能が落ちている赤ちゃんに起こりやすく
38度以上の熱やリンパ節の腫れが見られることもあります。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
とびひが悪化して全身に炎症が広がる病気です。
最初は38度以上の熱が出て、目・口・鼻の穴の周りが赤くむくみます。
その後首やわきの下などのリンパ節が炎症を起こし
全身がやけどをしたように皮膚が大きく剥け、ただれてきます。
入院治療が必要になりますので症状に気づいたらすぐに病院へ行きましょう。

アトピーっ子お役立ちの本
赤ちゃん・子どものたまひよアトピー&アレルギー大百科
アトピーっ子も安心の離乳食
アトピーっ子にしない母乳育児BOOKアトピーっ子にしない母乳育児
 関連記事
 タグ

アトピー以外の肌トラブル

アトピー性皮膚炎以外で皮膚が痒くなる病気。

日本皮膚科学会の
アトピー性皮膚炎診断基準」では、
除外すべき疾患は以下の8つです。

接触性皮膚炎
脂漏性皮膚炎
単純性痒疹
疥癬(かいせん)
汗疹(かんしん)
皮脂欠乏性湿疹
手湿疹
魚鱗癬(ぎょりんせん)

接触性皮膚炎―かぶれのことです。

脂漏性皮膚炎―皮脂分泌の多い箇所にできる湿疹で
成人によく見られます。

単純性痒疹―虫刺されの跡などが痒いしこりとなって残るもの。

疥癬(かいせん)―ダニの一種であるヒゼンダニが
皮膚の角層に寄生して生じます。とても痒いのが特徴です。
また指の間に細長い小水疱ができることもあります。
肌と肌の接触や寝具を通して感染します。

汗疹(かんしん)―あせも

皮脂欠乏性湿疹―乾燥して痒くなった皮膚を
引っ掻くことによってできる湿疹です。

手湿疹―水仕事などにより、手だけに湿疹ができるもの。
アトピー性皮膚炎の子供が成人になると
手湿疹だけ残るケースがあります。

魚鱗癬(ぎょりんせん)―遺伝性の病気。
皮膚が乾燥して魚のうろこのようにカサカサになります


参考文献:アトピー性皮膚炎

アトピーっ子お役立ちの本
赤ちゃん・子どものたまひよアトピー&アレルギー大百科
アトピーっ子も安心の離乳食

 関連記事
 タグ

応援よろしくね♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
サイト案内
★サイトのご案内★





★管理者プロフィール★
2005年12月生まれの娘の母です。
生後2ヶ月からかゆみを伴う湿疹が!アトピーとの闘いの日々が始まりました(涙)
現在もかゆかゆ〜っ!のアトピーっ子です。
アトピーっ子を持つママを心から応援します♪
お役に立てたでしょうか★

あなたの応援が
とっても励みになります♪

人気blogランキングへ
Copyright © アトピーっ子情報館 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ