アトピーに関する情報を集めているときに
知っておくと便利な用語です。

特にお医者さんの書いた説明文は専門用語が多い(^^;)

740840
 


・紅班(こうはん)
「班」とは皮膚にできる色調の異なった発疹のことで
紅班とは赤い発疹をさします。
その他紫班・白班・色素班(褐色、青色、黄色)などがあります。
 

・丘疹(きゅうしん)
直径10ミリ以内の隆起した発疹。
ブツブツ、ってかんじです。
 

・苔癬(たいせん)
小丘疹がたくさん集まって、その状態が長く続いているもの
 

・苔癬化(たいせんか)
皮膚が厚く硬くなり、キメが粗くなった状態。
つまむと硬い。
苔癬とは別の状態を指します。
 

・結節(けっせつ)
10〜20ミリくらい隆起した発疹
 

・腫瘤(しゅりゅう)
30ミリ以上隆起した発疹
 

・水疱(すいほう)
透明な水溶性の成分を含む、直径5ミリ以上の隆起。水ぶくれ。
直径5ミリ以下のものを小水疱といいます。
 

・膿疱(のうほう)
水疱の中に膿が含まれているもの
 

・膨疹(ぼうしん)
わずかに扁平に隆起する限局性のむくみで、
24時間以内に消滅するもの。
多くは数時間以内に消滅します。
膨疹を主な症状とする疾患を蕁麻疹(じんましん)といいます。
 

・鱗屑(りんせつ)
皮膚の表面にできたウロコのような白色片。
「カサカサ」
 

・落屑(らくせつ)
鱗屑が落ちること。または落ちた鱗屑。
 

・粃糠(ひこう)
角質が米ぬかのように細かく付着してういる状態。
 

・糜爛(びらん)
皮膚の表皮がはがれた状態で、
多くは水疱や膿疱が破れたあとにできます。
 

・潰瘍(かいよう)
糜爛よりも皮膚の欠損が深く、
皮下組織まで達している状態。
 

・痂皮(かひ)
かさぶた


参考文献:アトピー性皮膚炎の治療は難しくない

 タグ