アトピーっ子情報館のSaikoママです。


前回とびひについてレポートしましたが、
今回も細菌感染症の毛包炎についてです。



【毛包炎】

毛包炎
は背中、首の後ろ・太もも・お尻などの皮膚に毛穴に一致して炎症が起こり、
プツッと膿を持つものです。

毛穴に軽い傷がある場合や、湿った状態が長く続いた場合、
特にアトピーの人でステロイド外用薬の治療中にできやすいといわれます。


毛包炎
は浅い部分の炎症だけの場合は特にかゆみも痛みもありません。
根をもったものは、おできの小さいもので、軽い痛みがありますが
数が少ない場合はとくに治療の必要はなく、自然に治ります。

次々とできる場合や、おできに近い場合の治療方法としては化膿止めののみ薬を3〜4日間内服します。


561994


たまにできる程度であれば気にすることはありませんが
しょっちゅう同じところにできたり、次々と毛包炎ができるようであれば
洋服のタグや縫い目が当たっていないか、
またはステロイドを過剰に塗っていないかを
考えてみることも必要ですね。
 

アトピー性皮膚炎と感染症

 タグ