アトピーっ子情報館のSaikoママです。


アトピー
の人がかかりやすい感染症第4回目、今回はウイルス感染症についてです。


アトピー
の人が気をつけるウイルス感染症には、単純ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、みずいぼ、いぼ
があります。



【単純ヘルペス】(単純性疱疹)


単純ヘルペスウイルスによるもので、初感染では発熱など全身症状を伴います。
症状としては、赤みを伴った小水疱が多発します。
口の周りにできやすいことはよく知られていますが、顔、体、陰部など、さまざまな部位にできます。


一度このウイルスに感染すると、口唇、口の周囲、外陰部などに再発することがあります。
再発ではほとんどの場合、約10日から2週間で治ります。


また、単純ヘルペスウイルスには儀燭鉢況燭あり、
口唇ヘルペスと呼ばれる病気の多くは、単純性ヘルペスウイルス儀燭任后


単純性ヘルペスウィルス況燭榔部にできるヘルペスで、
これは性交渉によって感染します。


3366663a4ee9351998161448ba236921_s


どちらも体内に潜伏し、体が弱ったとき例えば風邪、紫外線の刺激、過労、月経、
ストレスなどが引き金となって、ウィルスが活性化され増殖を始め再発します。



先述したように、再発の場合の症状は比較的軽く済みますが
アトピーの人は注意が必要です。
アトピー湿疹の部分に感染すると、広範囲の皮膚炎、水疱、高熱を伴うヘルペス性湿疹になります。

パパやママで風邪を引いたときなど口の周りに再発する人も少なくないと思います。
アトピーパパもたまにできます)

そんな活動期に入ったときはアトピーっ子に移さないように
接触はなるべく避けたほうがいいと思います。
 

アトピー性皮膚炎と感染症

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック