アトピーっ子情報館のSaikoママです。


アトピー
性皮膚炎の治療法(薬物療法以外)について。



◎減感作療法


もともとは儀織▲譽襯ー反応(即時型アレルギー反応)に対する治療法で、
ぜんそくとアレルギー性鼻炎のみに保険適用されています。
 減感作療法という呼び方のほかに「免疫療法」や「脱感作療法」とも呼ばれます。


減感作療法とは、特定のアレルゲン溶液を皮内に注射し、
体にアレルギーを抑え込む力をつける治療法です。
濃度の薄いアレルゲン溶液からはじめ、徐々にアレルゲン濃度を上げていくことで
IgEに属する遮断抗体を作ろうとするものです。

日本では皮下注射での治療のみ行われていますが、欧米では舌下免疫療法が主流のようです。
 
ec586c1f4893a298061e46a84c25d2de_s
 


この減感作療法アレルゲンが特定されている場合には有効とされますが、
アトピーの場合、複数の悪化因子が複雑に絡み合っていること多いので
減感作療法はアトピー治療の有効性は疑問とする医師もいます。


アトピー治療に関して、特定の治療法を推奨しているものではありません。
このような治療法が過去、または現在行われているという情報です。
実際に診療等でそれらの治療法に直面したときの参考にしていただければ、と思います。
 

アトピー性皮膚炎の治療法(薬物療法以外)