アトピーっ子情報館のSaikoママです。


乾燥の季節がやってくると一気に娘のアトピーは悪化します。
そしてそのまま花粉の季節へ・・・(泣)

花粉アレルギーではなくても、皮膚に花粉が付着するとアトピーは悪化します。

そんなこんなで1月から4月の上旬まではアトピー娘のホッペは悲惨な状態でありました。


それでも段々気温が上がってくるにつれ、真っ赤だった頬も普通の肌が見えてくるようになっていきました。

ただ、4月・5月はまだまだ寒暖の差が激しく、20℃を超える日もあれば翌日には15℃前後という日が繰り返されました。


我がアトピー娘の場合、その気温の差によってアトピーの状態がかなり左右されます。


気温20℃


これ、分岐点です。
(あくまで娘の場合です。医学的根拠があるかどうかはわかりませんのであしからず)



20℃を超えると肌の状態が一気に快方に向かいます。
それこそ、一晩で変わります!


真っ赤っ赤でずる剥けに近い状態、浸出液も少し出ているかな・・・という日の翌日でも、
気温が上昇した朝には、赤みも消え、見た目に湿疹の痕跡はあるけれど触った感触はスルン、といいかんじ。

74f070d54c35747d8de0d3b84f20318f_s
 


キーワードはやっぱり新陳代謝、ではないかと思います。


もともとアトピーの人は汗をかき辛いと言われています。
新陳代謝が良くないわけです。

アトピー娘も幼児なのにあまり汗をかきません。


それでも、気温が上がって寝汗をかくくらいになると、代謝が良くなるのでアトピーも改善してきます。

子供の回復力、皮膚の再生能力はものすごいと実感しています。
たった一晩で見違えるほどお肌の状態が良くなるんですから!
うらやましい・・・。


ただ、アトピーといっても原因や症状の出方は人それぞれで、
逆に夏に悪化する人もいます。
その場合は、またアトピー対策も変わってくると思います。