アトピーっ子情報館のsaikoママです。


アトピー
と遺伝について最近注目されている遺伝子に
フィラグリンがあります。

フィラグリンとは、皮膚表面の角質層にある遺伝子です。
このフィラグリンに異常をきたすと、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

このフィラグリン遺伝子の変異によって起こる皮膚病で
有名なのが尋常性魚鱗癬です。



最近の研究で、アトピー性皮膚炎の患者さんにも
このフィラグリン遺伝子の変異が関係していることが判りました。

といっても、すべてのアトピー患者にみとめられるわけではなく、
一部のアトピー患者にフィラグリン遺伝子の変異が確認された、
ということです。

545ed1f61f2805359c01f7d736575c55_s


遺伝子ですから、当然遺伝・・・親から子へ受け継がれますよねぇ。

ここで間違えちゃいけないのは、子供は親のコピーではないということ。

親がアトピーだからと言って(たとえ両親とも)必ずしも子供がアトピーになるということではないです。
親がフィラグリン遺伝子の変異があってアトピーだとした場合、
子供がアトピーなりやすい遺伝情報を持っている
ということで、100%発症するとは限りません


最近アトピー関連の情報で、このフィラグリン遺伝子について目にすることが多かったので、ちょっと見解を述べてみました。