アトピーっ子情報館のsaikoママです。


アトピー娘も2009年12月で4歳になりました。
幼稚園で元気に遊ぶ姿を見ると、あの地獄のようなアトピーとの闘いの日々が嘘のようです。

でも、まったく悩みがないかというとそうでもなく、
プールのある日は必ずスキンケアに出向き、
お誕生会やなにかのイベントで園から出される食事やおやつのチェックは欠かせません。

ま、それは娘がアトピー性皮膚炎だけでなく、食物アレルギーがあるからですけど。



乳幼児のアトピーっ子を持つ親御さんの一番の苦悩、そしてストレスになることは、
皮膚の掻き壊し」ではないでしょうか。

P8010127


私自身、毎晩何回も湿疹を掻き壊して血だらけになったシーツや衣類を見ては、
胸が押しつぶされそうな思いで、時には泣きながら洗っていました。


娘は生後2ヶ月で湿疹が噴出してから、真夏のひと時を除いては2歳半になるまで湿疹が全く無いという状態はありませんでした。
ステロイドを使っていなかったからかもしれません。

乳児の頃は全身に湿疹が出ていましたが、体は月齢と共に徐々に少なくなっていきました。
いつまでも湿疹が残り、状態も特に酷かったのはでした。


赤ちゃんの肌はとにかく薄いです。
そこに湿疹が出来て更にもろくなっているので、少し自分の爪が当たっただけでもすぐ流血します。

最初は手首からのミトンをはめていました。
それも1日中!

そのうち自分で取ってしまうようになったので次はロングタイプ。

季節はだんだん暖かくなっていきます。
それでも長袖に手袋、という格好で初めての夏を過ごしました。
その時は腕にも小判上の大きな湿疹が出来ていました。


夜はドクターミトンかゆいっこ WUのロングタイプの手袋でガードしました。
二の腕の付近でテープでしっかり巻いて、自分では脱げないようにして。

P5220154


今考えるとなんとも可哀相ですが、当時はとにかく真っ赤に染まったシーツや衣類を想像すると「何とかしなきゃ!」という一念だけでした。


でも、生後10ヶ月のとき同じアトピーっ子を持つお友達から
ある病院を紹介されました。

そこは小児科ではありませんし、ましてや皮膚科でもありません。
それなのに、アトピーで悩む患者さんが全国からやってくるということでした。

小児は診療してもらえないのですが、相談という形で先生のお話を聞くことが出来ました。
そこで言われたことは、薬はもちろん保湿もダメ。
痒いのだったら掻かせなさい

言ってみれば「悪いものは出しなさい」ということなのでしょうね。


「でも、掻き傷が残ったりしませんか」

という問いには

「まったく心配ない。そのくらいで傷は残らない」

と言われました。


ネットで検索すると、他にも掻かせなさいと言っている先生もいます。
見ているのが辛かったら別室で寝なさい、とまで!

ちょうど娘も1歳の誕生日を迎えたころから、
毎晩ながーい手袋をはめられるのを抵抗するようになったのですっぱり止めました。
と言っても横で寝ている娘が顔を掻き出すとついつい手を押さえてしまったりもしましたが。

毎朝血の付いたシーツを洗濯する日課はしばらく続きましたが、
浸出液と一緒になってものすごい量の血が出たのではないかと思うようなものではなく、文字通り「」が付くようになりました。
放っておくと赤黒くなる「血の痕」です(^^;)

ただ、背中の湿疹のかゆみがひどく、娘はいつもうつ伏せで寝ていたので、
痒くて泣き出すと私のお腹の上に乗せ、背中をずーっと掻くようにさすっていました。
一旦掻き出すと2時間は覚悟でした。

もう一度やれといわれたらできないかも〜!


そんな生活が1年以上続いたので、2歳近くになって娘が仰向けで大の字になって寝ている姿を見たときは本当に嬉しかったです。

P4010334
 


でも、その後も娘が寝た後別室で仕事などをしていると
「ママー、血ぃ出ちゃったー!」
と泣きながら寝室のドアの前で立っている娘がいたので、しばらくは「痒い→掻く→流血」
の図式は繰り返されていたと思います。


現在は、顔の湿疹はすっかり無くなり、布団に入った後肘や膝を衣服をめくってはポリポリ掻いている娘。

「痒いの?」と聞くと「うん」と応えてポリポリ。
気が済むと自分で衣服を元に戻して眠りに入ります。


今、痒がって泣いているお子さんを目の前で見守られている親御さんたちへ。
きっといつの日かすやすやと、気持ち良く眠れる日が来ます
全身湿疹だらけ、重度のアトピーと言われた娘も今では10時間以上ノンストップで夢の中です。

がんばってくださいね。でも、がんばり過ぎないで。。。

 カテゴリ
 タグ